【怪談】コロナの闇。テレワークの罠【稲川淳二】

 

今年もまた、お会いしましたね

霊界の語り部、稲川・ロム・淳二です

 

ぼくいつも申し上げているんですがね、怪談というのは怖いだけではないんですよ

人の想いがあったり、なつかしさがある

それ怪談ですよねぇ

ですからみなさん、怪談に魅力を感じるんでしょうねぇ

どうぞそんな思いでこれからの話、聴いてみてください

 

いやぁ、これからみなさん、怖くて楽しい、そんな世界へご案内いたしますね

それでは、はじめましょうか…

 

 

その1 事務所に来てみたらだれもいない

恐ろしい話ですよ

こわいですねぇ

寒いですねぇ

寒いですねぇ(1月だから)

事務所に来てみるとね、だぁれもいない

人の影も形もない

「おかしいなぁ」

「おかしいなぁ」

そんなとき、ふっ、と思い当たるわけです

今日、在宅勤務の日だったってね

 

その2 在宅勤務なのになぜかノートPCが自宅にない

ある日曜日の夜のことです

次の日が在宅で仕事する日ですよ

「仕事、嫌だなぁ」

「 仕事、 嫌だなぁ」

ふっと気づくわけです

パソコンが手元にないんです

「おかしいなぁ」

「おかしいなぁ」

こうなりますよねぇ

パソコン、会社に置いてきてるんです

 

その3 テレワーク明け、出社しようとしたらノートPCを持っていない

あれは朝、出社するときでしたねぇ

駅のホームで待ってるときですよ

するとね、ふっ、と気づくわけです

「おかしいなぁ」

「おかしいなぁ」

手元が軽いんです

パソコン、家に置いてきたんだって…

 

まとめ

だらしないだけです

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ロム
このサイトの運営者ことロムです。
サラリーマンしてる20代。 日々のお役立ち情報、グルメ、旅行記、サブカルなどを面白おかしく書いていきます。
飽き性なのでブログのジャンルが定まってません
ちなみにめちゃくちゃ方向音痴です。車を運転させると永遠に目的地に着けません。