カップヌードルミュージアムに行ってきた【大阪・池田】

 

どうもこんばんは、1ヶ月毎日チキンラーメン検証中のロムです

【1ヶ月チキンラーメン生活】30通りのアレンジのレビュー【1~5日目】

毎日チキンラーメンを少しずつアレンジしながら検証してるんですが

アレンジのネタが尽きてきました…

 

なのでインスタントラーメンの聖地、大阪池田に行ってインスパイアされて来ようという魂胆です

 

そして来てみたらなんと…!

インスタントラーメンを自作できてしまいました

 

そうです、ただのミュージアムではありません

いわば参加型のアトラクションです!

お子さん連れやカップルで来る方達にちょうどいいのではないでしょうか!?

こんな方は楽しめるはず…!
  • 子どもがいる方
  • 夫婦やカップルの方
  • インスタントラーメンが好きな方
  • ぼくみたいに遊ぶ友達がいなくて暇で暇で仕方ない方
  • 1ヶ月カップラーメン生活していているがアレンジに困って何かしらインスパイアを受けたい方

 

 

※はじめに

2021/02/07現在、カップラーメンミュージアムはコロナの影響を受け、一部アトラクションが利用できません

そのため当記事では稼働しているアトラクションの一部のみ取り上げています

 

大阪・池田駅から徒歩10分

実はカップラーメンミュージアムは横浜と大阪池田にあります

その中で、インスタントラーメンの先駆けである日清食品創業者・安藤百福の自宅があったことから、大阪池田はインスタントラーメンの発祥地とされています

今回は大阪池田に行った際のレポです

大阪の「池田駅」を降りて目の前のこの角を曲がってから、約5分ほど歩くと…

  

あっという間につきます

直進していれば着くので、ニワトリ並みの脳ミソしかないぼくでも迷わずに来れました

あと施設めちゃくちゃ広いです。完全に舐めてました

 

施設紹介

入場料は無料。

ただし、後述するようにマイカップヌードルファクトリーというアトラクションを利用したため、別途400円かかりました。

それでもまだリーズナブルです

 

インスタントラーメン・トンネル

そして…

インスタントラーメン・トンネル

ドドン!!

最初に目に飛び込んできたのは、日清が発売してきたインスタントラーメン&カップラーメンの過去パッケージの面々

圧巻の光景です

チキンラーメンって日清食品の商品だったんですね…今更知りました…(^ω^)

 

全然関係ないですが、目の前の小学生くらいの女の子二人組が下痢になったモノマネをしていました

面白かったです(小並感)

 

なんかすごいオブジェ

インスタントラーメン・トンネルを抜けると大型のカップラーメンの模型がありました

別に大して面白いと思いませんでしたが、周りの人たちがみんな写真を撮るものですから、流されてぼくも写真を撮ってしまいました

これがこの国を脅かしている同調圧力というものですよ、みなさん!!!

(今日一番の声を張り上げるぼっち改め、ただのクズ)

 

マイカップヌードルファクトリー

マイカップヌードルファクトリー

いよいよ前述した、カップヌードルづくりです

基本はここの自販機で400円を支払い、カップヌードルを購入する必要がありますが、ぼくはすでに支払いを済ませているので手渡しでもらえます

※追加で購入する場合は別途400円支払う必要があります

 

その後、各テーブルへと案内されました

ちなみに、奥に見えるのがマイカップヌードル製造スペースです

余談ですが、家族連れやカップルが多い中、一人で来ているのはぼくだけでした

 

そして絵を描く工程へと移ります

ここにマイカップヌードルの製造年月日を記入し、自分でイラストも描けてしまいます

 

当ブログのマスコット、だるまを描きました

適当に描いたにしてはなかなかの出来なのではないでしょうか…

 

さっきので辞めておけばよいものを、調子に乗ったのか、顔を着色して悲惨なことになりました

顔が肌色だからって、肌色のクレヨンで色付けしたら悲惨なことになることくらい、小学生のころにたくさん学んだはずですが…

 

さて、

マイカップヌードルのメニューは自分で選べます

味はカップヌードル(無印)orシーフードorカレーorトマトチリの中から1つ

トッピングはエビ、カニカマ、卵、チェダーチーズ、キムチなど12種類(?)から4種を選べます

 

で、これである

 

店員さんが夏目三久さんみたいで可愛かったです

出典:アナウンサー大図鑑

  

なんだかんだあって、カップラーメンがしっかりビニールに梱包されて完成しました

目の前でビニールに包まれていくマイカップヌードルを見ると、少年心がくすぐられて胸アツです

 

ここはカップヌードルドラマシアター

安藤百福がカップヌードルを開発したドラマがアニメで簡単に勉強できるんですが…

 

これがめちゃめちゃ面白い!!!!!!

13分くらいのアニメなんですが、幼稚園児でも理解しやすく、しかも大人が見ても勉強になって面白い!!

どうしてカップラーメンを開発したの??

どうやって麺を油で揚げてるの??

度重なる障害に、安藤百福が逆転の発想で乗り切ります!

大人でもへぇ~~ってなります

カップラーメン工場の作業工程もアニメで見れちゃいます!

 

場所は変わって、カップラーメンの歴史が展示されているコーナーです

ただ文章で説明するだけでなく、イラストや模型を用いて、楽しみながら学べるんです!

まさにカップラーメンのようにあっという間に時間が過ぎていきました…

 

こんな感じ!

 

今はコロナの影響で、チキンラーメンのアトラクションは利用できませんでした

ていうか、それが本命だったんですが…

 

帰宅後、マイカップヌードルを食べてみる

これから食します

ぼくが入れたのは下から、

チェダーチーズ、ナルト、エビ、カニカマです

味はシーフードです

 

ここで

「あれ?それってほぼ半分以上シーフードヌードルじゃね…??」って思われた方

アナタ鋭いですね

えぇ、ぼくも今それ考えながら激しく後悔しています

キムチとか選べばよかったです

な~~にやってんだか!

ま~~きのん!(とくに意味ない)

 

いただきます

うまいっ!

チーズが入った、ただのシーフードヌードルだな!

 

アクセスなど

以下、公式HPから引用。

入館料

無料

※ただし、注意点があります。公式HPでご確認くださいませ

アトラクション利用料

チキンラーメンファクトリー

※当面の間、運営と予約受付を休止します

小学生 500円 / 中学生以上 800円

マイカップヌードルファクトリー

※「マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券」が必要です

  1食 400円

  ※上記の料金には、すべて消費税が含まれています。

営業時間

受付時間 9:00 〜 16:30 休館日を除く

電車

阪急宝塚線
「池田駅」より徒歩5分

お車

名神京都・吹田方面 (近畿道含む) からお越しの場合
中国道 豊中ICから15分

中国道 宝塚方面からお越しの場合
中国道 池田ICから15分

阪神高速 (大阪市内) からお越しの場合
阪神高速11号池田線 延伸線
川西小花 出口から10分

※道順などの詳しい情報は、こちらをご覧ください。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA